欅坂46を脱退した平手友梨奈の現在は?脱退理由や脱退後の活躍まとめ

欅坂46のセンターを務め、人気・実力ともに欅坂NO.1だった平手友梨奈。

欅坂といえば、アイドルとは思えない本格的なダンスが魅力ですが、その中でも平手さんは別格の実力でしたね。

2020年1月23日にグループを脱退することが発表され、ファンに大きな衝撃をあたえました。

今回は欅坂46を脱退することになった理由や脱退後の活動についてまとめてみました。

スポンサーリンク




平手友梨奈のプロフィール

引用;https://hirateyurina.jp

名前 平手 友梨奈 (ひらて ゆりな)

生年月日 2001年6月25日

年齢 18歳

出身地 愛知県

乃木坂46のファンだった兄に勧められて、鳥居坂46の1期生オーディションに応募したことが芸能界入りのきっかけのようです。

オーディションに合格し、晴れて欅坂46の1期生メンバーになりました。

2016年4月6日に発売された欅坂46の1stシングルである、「サイレントマジョリティー」ではセンターを務め、一気に話題になりましたね。

欅坂46をよく知らない出始めの頃でも、平手さんの名前だけはなぜか知っている、というくらい目立って注目を集めていたように思います。

まさに欅坂46のエースですね。

そんな平手さんですが、2020年1月23日にグループを脱退することが発表されました。

スポンサーリンク




平手友梨奈が欅坂46を脱退した理由は?

『卒業』ではなく『脱退』というと、円満ではなく何かしらのトラブルがあったように感じてしまいますよね。

平手さんがグループを脱退することになった理由は2016年にさかのぼります。

サイレントマジョリティーでデビューして以来、平手さんはずば抜けたダンス技術と圧倒的存在感で一気に注目されていきました。

平手さんに変化が起きたのはデビュー数か月後。

2016年7月から放送された欅坂46メンバーが総出演するミステリードラマ「徳山大五郎を誰が殺したか?」(テレビ東京系)のドラマ撮影をドタキャンするようになったのだ。

もともとは笑顔が多く、アイドルに真剣に向き合っていたという平手さん。

この撮影をきっかけに何かが崩れたように人が変わってしまったそうです。

ドラマ撮影が終わり、一度は平穏に戻ったように見えましたが、

2017年、4stシングルである「不協和音」がリリースされたころにまた精神的に不安定になることが増えてしまったようです。

FNS歌謡祭の本番30分前に「出演したくない」と楽屋で号泣したり、MV撮影をドタキャンしたりと、メンバーやスタッフもフォローしきれないほどになってしまったとか。

グループ内でも不満が聞かれるようになってしまい、結果的に脱退することになったようです。

14歳からグループのエースとして注目されるプレッシャーは大きすぎたのかもしれませんね。

乃木坂46と同じ坂道グループといってもコンセプトは全く違う欅坂46。

王道アイドルとは少しイメージが違い、センターにしかわからない葛藤やプレッシャーもあったのでしょうね。

明るく一生懸命だった彼女をここまで変えてしまった環境を考えると可哀想に感じてしまいます。

欅坂46脱退後の平手友梨奈の活動は?

2020年1月にグループを脱退してからも、実は芸能界の活動は続けている平手さん。

2020年3月4日にオフィシャルサイトがオープンすることが発表されました。

詳細はこちら

さらにそのオフィシャルサイトの中で、2020年10月30日公開の映画「さんかく窓の外側は夜」に出演することが発表されています。

映画『さんかく窓の外側は夜』公式ページ

「さんかく窓の外側は夜」といえば、ヤマシタトモコさん原作の人気漫画

この映画で平手さんが演じる「非浦英莉可」役は物語内で重要な役どころとなります。

しかも共演俳優も岡田将生さんや、志尊淳さんといった人気俳優ぞろい。

メンバー脱退騒動もあり、体調面が心配されていた平手さんですが、

このような人気作品の重要な役どころを任せてもらえたということは、安定してきているということでしょうか?

スポンサーリンク




まとめ

大人気グループ欅坂46を突然脱退した平手さんですが、

肩の荷が下りた現在は、新たなスタートを切っていることがわかりました。

今後も元気な姿をテレビや映画で見ていきたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする