IOC委員が東京オリンピックの延期を発表?!発表詳細や開催時期まとめ

コロナウイルスが猛威を振るっている影響で、2020年に予定されていた東京オリンピックが延期されるとの情報が流れました。

オリンピックの開催延期に関しては、様々な意見がありますが、東京オリンピックが開催延期となった経緯や、延期後の気になる開催時期についてまとめました。

スポンサーリンク




東京オリンピックの開催延期の経緯

東京オリンピック

引用;https://tokyo2020.org/ja

様々なイベントの開催自粛、小中学校の学校閉鎖など、新型コロナウイルスの影響で様々な障害が出ていますが、とうとう東京オリンピックの開催延期が決まってしまいました。

延期についての話し合いがされたのは2020年3月24日の20時頃

もともとは、5月のゴールデンウィーク頃を目途に開催するかどうかを決定すると言っていましたが、1か月以上も早い決定となってしまいました。

何でも、安倍首相と国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が電話で会談し、

その話し合いの中で、1年程度延期する方針で一致したとのことです。

本来予定されていた開催日までは、残り4か月というところにあり、現時点ですでに、カナダ、オーストラリア、イギリスなどが選手団を派遣しないという方針を示しています。

こんな状況で無理に開催しても、完全なオリンピックにならないだろうという考えがあっての決断だったようです。

過去のオリンピックを振り返ってみても、戦争で中止になった例は複数あるが、延期されるという事例は初めてになるようです。

前例のない延期に、日本はどのように対応していくのでしょうか。

世界中から注目を集めています。

スポンサーリンク




東京オリンピック延期後の開催時期は?

安倍首相とバッハ会長の話し合いによれば、延期の期間は1年程度ということです。

そうなると、2021年の夏ごろの開催となるのでしょうか?

実はもともと、2021年の8月6~15日に、米国のオレゴン州ユージンで世界陸上競技選手権大会が開かれる予定でしたが、

今回の東京オリンピックの1年延期を受けて、

既に(世界選手権の)大会組織委員会と協議している。組織委は必要ならば日程を変更して開催できるよう準備している

と、頼もしい発言をしています。

東京オリンピックの延期の影響で、その先の世界イベントの日程も少しずつずれていきそうですね。

2021年の7月のカレンダーを見ると、7月19日の月曜日が海の日で祝日となっています。

もともとの開催日程からも、連休の初日にオリンピックの開催式を行うのではないでしょうか?

そうなると、2021年7月17日~

まだまだこれはあくまで予想の日程です。

今まで頑張ってきた選手の為に、ベストコンディションでの東京オリンピックを開催してほしいですね。

スポンサーリンク




まとめ

開催日4か月前に決まった東京オリンピックの延期。

コロナウイルスの影響で、世界中で大きな影響が出ていますが、日本は今後どのように対応していくのでしょうか?

政府、企業、個人、、、

日本だけでなく、世界全体で一丸となりながら、東京オリンピックを成功させたいですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする